宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問16-3 開発許可

宅建通信講座メルマガ
【問題】
開発許可を受けた開発行為により公共施設が設置されたときは、その公共施設は、工事完了の公告の日の翌日において、原則としてその公共施設の存する市町村の管理に属するものとされている。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
開発許可を受けた開発行為により公共施設が設置されたときは、その公共施設は、工事完了の公告の日の翌日において、原則としてその公共施設の存する市町村の管理に属するものとされている。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

開発行為を行って、新たに公共施設が設置された公共施設は、「工事完了の公告の日の翌日」から、原則として「その公共施設が存在する市町村」が管理します。

よって、本肢は正しいです!

例外として、
①他の法律に別の管理者が決まっている場合、また
②協議で別の定めをした場合は、定められた者が管理者となります。

この点は対比部分を含めて理解すべきポイントがあるので、その点は個別指導で解説します!