宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問15-4 地区計画

宅建通信講座メルマガ
【問題】
市街化調整区域における地区計画は、市街化区域における市街化の状況等を勘案して、地区計画の区域の周辺における市街化を促進することがない等当該都市計画区域における計画的な市街化を図る上で支障がないように定めることとされている。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
市街化調整区域における地区計画は、市街化区域における市街化の状況等を勘案して、地区計画の区域の周辺における市街化を促進することがない等当該都市計画区域における計画的な市街化を図る上で支障がないように定めることとされている。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

地区計画は、「公共施設の整備」、「建築物の建築」その他の「土地利用の現状及び将来の見通し」を考えあわせ、当該計画に従って秩序ある開発行為、建築又は施設の整備が行われることとなるように定めなければなりません。

そして、「市街化調整区域における地区計画」については、市街化区域における市街化の状況等を勘案して(考えあわせて)、地区計画の区域の周辺における市街化を促進することがない等、当該都市計画区域における計画的な市街化を図る上で支障がないように定めなければなりません

よって、本肢は正しいです!