宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問1-1 囲繞地通行権

宅建通信講座メルマガ
【問題】
甲土地が共有物の分割によって公道に通じない土地となっていた場合には、Aは公道に至るために他の分割者の所有地を、償金を支払うことなく通行することができる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
甲土地が共有物の分割によって公道に通じない土地となっていた場合には、Aは公道に至るために他の分割者の所有地を、償金を支払うことなく通行することができる。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

土地の分割によって袋地(甲土地)が生じた場合、 甲土地の所有者Aは、土地の分割によって生じた他の土地を無償で通行できます。

よって、正しいです。

どういった状況かサッと頭に浮かびますか?
頭に浮かばないということは勉強をしていても、勉強ができていない証拠です。
問題はイメージできないと頭に入らないです。
裏を返せば、イメージできれば頭に入って忘れにくくなるということです(^^)/
個別指導では図を使ってイメージできるように解説しています!
覚えてもすぐ忘れてしまうのであれば、イメージできていない可能性が高いでしょう。