宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問46-3 住宅金融支援機構

宅建通信講座メルマガ
【問題】
機構は、証券化支援事業(買取型)において、賃貸住宅の建設又は購入に必要な資金の貸付けに係る金融機関の貸付債権については譲受けの対象としていない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
機構は、証券化支援事業(買取型)において、賃貸住宅の建設又は購入に必要な資金の貸付けに係る金融機関の貸付債権については譲受けの対象としていない。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

「賃貸住宅」とは、投資用不動産という意味です。

このような不動産の住宅ローン債権は、機構は買い取りません。

よって、正しいです。

機構が買い取る住宅ローン債権は、
「自ら居住する住宅」又は「親族居住用住宅」を建設または購入する者に対する貸付債権です。