宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問17-3 防火壁・防火床

宅建通信講座メルマガ
【問題】
延べ面積が1,000㎡を超える準耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁又は防火床によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000㎡以内としなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
延べ面積が1,000㎡を超える準耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁又は防火床によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000㎡以内としなければならない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

延べ面積が1000mを超える建築物は、原則として、防火上有効な構造の防火壁又は防火床によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1000m以内としなければなりません。

ただし、例外として、「耐火建築物又は準耐火建築物」については、延べ面積が1000mを超える建築物であっても、防火壁又は防火床によって区画する必要はありません

本肢は、例外にあたるので誤りです。

この問題はきちんと理解する必要がありますので、理解すべきポイントは個別指導で解説します!