宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

平成26年 問8-1 不法行為

宅建通信講座メルマガ
【問題】
不法行為による損害賠償請求権の期間の制限を定める民法第724条における、被害者が損害を知った時とは、被害者が損害の発生を現実に認識したときをいう。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
不法行為による損害賠償請求権の期間の制限を定める民法第724条における、被害者が損害を知った時とは、被害者が損害の発生を現実に認識したときをいう。

 

【解答】

【解説】

不法行為に基づく損害賠償請求権の消滅時効は
被害者が損害及び加害者を知った時から3年です。
または、

不法行為の時から20年を経過した場合も損害賠償請求権は消滅します(この20年を除斥期間という)。

そして、①の「被害者が損害を知った時」とは、判例で「被害者が損害の発生を現実に認識したとき」としています。

したがって、本問は正しいです。

今回は特別に具体例を挙げてみます!
例えば、報道による名誉毀損について考えましょう。
ニュースを見ている方は身近なことなので分かりやすいと思います。
報道で名誉棄損を受けた場合、被害者がその報道(テレビや新聞、週刊誌)などを見なければ、数日間、名誉棄損を受けていることを認識していないことがあり ます。その後、知り合いから「こんな記事が報道されているよ!」とうわさを聞いて初めて損害の発生を認識することになります。

このような場合、被害者が損害を知った時とは、被害者が損害の発生を現実に認識した時をいうと解すべきと判例では言っています。

今回、具体例を出して解説しましたが、

個別指導プログラム」ではこのように具体例を挙げ、さらに上記ポイントだけでなく関連ポイントも一緒に学習できるように記載しています!
だから、頭の中が整理されていき、結果として試験で「あれ?どっちだったっけ?」と迷うことが少なくなり、得点の底上げができるんです(^^)/

もしあなたが、来年本気で合格したいのであれば「個別指導プログラム」をおススメします!

理解学習や関連付け学習など短期間で楽に無駄なく実力を上げるための解説となっています!

参考条文(不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)民法第724条
不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする。

【判例】最高裁判所判決:平成14年1月29日
民法724条にいう被害者が損害を知った時とは,被害者が損害の発生を現実に認識した時をいう。


平成26年・2014年の過去問

問1 民法の条文 1 2 3 4
問2 代理
問3 時効・即時取得 1 2 3 4
問4 抵当権・根抵当権 1 2 3 4
問5 判決文[債権譲渡] 1~4
問6 瑕疵担保責任 1 2 3 4
問7 賃貸借 1 2 3 4
問8 不法行為 1 2 3 4
問9 制限行為能力者 1 2 3 4
問10 相続 1~4
問11 賃貸借・借地権 1 2 3 4
問12 借家権 1 2 3 4
問13 区分所有法 1 2 3 4
問14 不動産登記法 1 2 3 4
問15 都市計画法 1 2 3 4
問16 都市計画法
問17 建築基準法 1 2 3 4
問18 建築基準法 1 2 3 4
問19 宅地造成等規制法 1 2 3 4
問20 土地区画整理法 1 2 3 4
問21 農地法 1 2 3 4
問22 その他法令 1 2 3 4
問23 登録免許税 1 2 3 4
問24 不動産取得税 1 2 3 4
問25 地価公示法 1 2 3 4
問26 免許の要否
問27 免許 1 2 3 4
問28 案内所 1 2 3 4
問29 営業保証金 1 2 3 4
問30 業務上の規制 1 2 3 4
問31 8種制限
問32 媒介契約
問33 8種制限 1 2 3 4
問34 重要事項説明 1 2 3 4
問35 重要事項説明 1 2 3 4
問36 重要事項説明 1 2 3 4
問37 報酬
問38 8種制限・クーリングオフ 1 2 3 4
問39 保証協会 1 2 3 4
問40 37条書面
問41 案内所 1 2 3 4
問42 37条書面
問43 業務上の規制 1 2 3 4
問44 監督処分
問45 住宅瑕疵担保履行法 1 2 3 4
問46 住宅金融支援機構 1 2 3 4
問47 不当景品類及び不当表示防止法 1 2 3 4
問48 統計
問49 土地 1 2 3 4
問50 建物 1 2 3 4