宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

平成26年 問4-2 不当景品類及び不当表示防止法

宅建通信講座メルマガ
【問題】
新築分譲マンションの販売広告において、住戸により修繕積立金の額が異なる場合であって、全ての住戸の修繕積立金を示すことが困難であるときは、全住戸の平均額のみ表示すればよい。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
新築分譲マンションの販売広告において、住戸により修繕積立金の額が異なる場合であって、全ての住戸の修繕積立金を示すことが困難であるときは、全住戸の平均額のみ表示すればよい。

 

【解答】
×

【解説】

「全住戸の平均額」という記述が誤りです。

修繕積立金については1戸当たりの月額(予定額であるときは、その旨)を表示すること。
ただし、住戸により修繕積立金の額が異なる場合において、
そのすべての住宅の修繕積立金を示すことが困難であるときは、
「最低額及び最高額のみ」で表示することができる。

つまり、「全住戸の平均額」という部分が「最低額及び最高額のみ」であれば正しい記述となります。

このルールは、「管理費」「共益費」「修繕積立金」すべて同じです!

「管理費」「共益費」「修繕積立金」がどういうお金か?どう違うのか?など細かい内容は「個別指導プログラム」で解説しています!