宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

平成25年 問41-4 業務上の規制

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者は、その業務に従事させる者に、従業者証明書を携帯させなければならないが、その者が取引士で宅地建物取引士証を携帯していれば、従業者証明書は携帯させなくてもよい。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者は、その業務に従事させる者に、従業者証明書を携帯させなければならないが、その者が取引士で宅地建物取引士証を携帯していれば、従業者証明書は携帯させなくてもよい。

 

【解答】
×

【解説】

宅建業者の従業者は、取引の関係者から請求があったときは、従業者証明書を提示しなければなりません。
取引士証を提示しても義務を果たしたことにはなりません。
取引士証ではダメです。

本問も従業者証明書と取引士証の違いを理解しておきましょう!

この違いは「個別指導プログラム」でお伝えします!

(証明書の携帯等)宅建業法第48条
1 宅地建物取引業者は、国土交通省令の定めるところにより、従業者に、その従業者であることを証する証明書を携帯させなければ、その者をその業務に従事させてはならない。
2 従業者は、取引の関係者の請求があつたときは、前項の証明書を提示しなければならない。

ad1
[SPI name=kakomon2013