宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

平成25年 問30-1 重要事項説明

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者は、宅地又は建物の売買について売主となる場合、買主が宅地建物取引業者であっても、重要事項説明は行わなければならないが、35条書面の交付は省略してよい。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者は、宅地又は建物の売買について売主となる場合、買主が宅地建物取引業者であっても、重要事項説明は行わなければならないが、35条書面の交付は省略してよい。

 

【解答】
×

【解説】

重要事項の説明義務宅建業者間であっても適用されます。
そして、宅建業者間であっても省略することはできません。

(重要事項の説明等)宅建業法第35条
宅地建物取引業者は、宅地若しくは建物の売買、交換若しくは貸借の相手方若しくは代理を依頼した者又は宅地建物取引業者が行う媒介に係る売買、交換若しくは貸借の各当事者(宅地建物取引業者の相手方等)に対して、その者が取得し、又は借りようとしている宅地又は建物に関し、その売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、宅地建物取引士をして、一定事項について、これらの事項を記載した書面を交付して説明をさせなければならない。