宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

平成15年 問7-4 保証

宅建通信講座メルマガ
【問題】
Aは、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した。Cの保証債務にBと連帯して債務を負担する特約がない場合、Bに対する履行の請求その他時効の中断は、Cに対してもその効力を生ずる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
Aは、Aの所有する土地をBに売却し、Bの売買代金の支払債務についてCがAとの間で保証契約を締結した。Cの保証債務にBと連帯して債務を負担する特約がない場合、Bに対する履行の請求その他時効の中断は、Cに対してもその効力を生ずる。

 

【解答】

【解説】

「Cの保証債務にBと連帯して債務を負担する特約がない場合」というのはCは普通保証ということです。本問は、債権者Aは主たる債務者Bに請求しているので、「請求」による効力は保証人・連帯保証人に対しても及びます。したがって、主たる債務者Bに履行請求することで、Bの時効は中断するとともに、時効中断の効力は保証人Cにも及びます。つまり「時効の中断は、Cに対してもその効力を生ずる。」という記述は正しいです。

この問題もほとんどの方がこの「文章」をそのまま覚えています。残念ながら内容を理解していません。。。

絶対効・相対効は考え方が重要です。多くの方が考え方を理解していません。もちろんテキスト(参考書)に書いていない場合がほとんどですが、書いていないからといって理解しなければ、本試験で対応できなくなり、困るはあなた自身です。

試験を作っている方は、市販の参考書や予備校のテキストなんて気にせず、試験を作成します。

キチンと理解できているかをあなたに質問してきます。だからこそ、理解しておく必要があるわけです。

もし、理解できないのであれば、「個別指導プログラム」で理解することができます。このプログラムはあなたに宅建合格してもらうことを目的として解説を作っています。そのため、市販の参考書や予備校で教えていないことでも重要であれば、解説しています

本気で宅建に合格したい、次こそ宅建に合格しないとマズイ方は是非ご活用ください!

(主たる債務者について生じた事由の効力)民法第457条
1 主たる債務者に対する履行の請求その他の事由による時効の中断は、保証人に対しても、その効力を生ずる。
2 保証人は、主たる債務者の債権による相殺をもって債権者に対抗することができる。

ad1

平成15年・2003年の過去問

問1 制限行為能力者 1 2 3 4
問2 停止条件 1 2 3 4
問3 物権変動 1 2 3 4
問4 共有 1 2 3 4
問5 抵当権 1 2 3 4
問6 抵当権 1 2 3 4
問7 保証 1 2 3 4
問8 債権譲渡 1 2 3 4
問9 民法その他 1 2 3 4
問10 瑕疵担保責任 1 2 3 4
問11 借家権 1 2 3 4
問12 相続 1 2 3 4
問13 借地権 1 2 3 4
問14 借家権 1 2 3 4
問15 不動産登記法 1 2 法改正のため削除 4
問16 国土利用計画法 1 2 3 4
問17 都市計画法 1 2 3 4
問18 都市計画法/開発許可 1 2 3 4
問19 都市計画法/開発許可 1 2 3 4
問20 建築基準法 1 2 3 4
問21 建築基準法 1 2 3 4
問22 土地区画整理法 1 2 3 4
問23 農地法 1 2 3 4
問24 宅地造成等規制法 1 2 3 4
問25 その他法令 1 2 3 4
問26 所得税 1 2 3 4
問27 登録免許税 1 2 3 4
問28 固定資産税 1 2 3 4
問29 地価公示 1 2 3 4
問30 免許の要否 1 2 3 4
問31 免許の基準 1 2 3 4
問32 免許 1 2 3 4
問33 取引士 1 2 3 4
問34 営業保証金 1 2 3 4
問35 宅建業法総合 1 2 3 4
問36 35条書面 1 2 3 4
問37 37条書面 1 2 3 4
問38 業務上の規制 1 2 3 4
問39 クーリングオフ 1 2 3 4
問40 業務上の規制 1 2 3 4
問41 解約手付 1 2 3 4
問42 保証協会 1 2 3 4
問43 媒介契約 1 2 3 4
問44 報酬 1 2 3 4
問45 35条書面・媒介契約 1 2 3 4
問46 住宅金融公庫 法改正のため省略
問47 不当景品類及び不当表示防止法 1 2 3 4
問48 統計
問49 土地 1 2 3 4
問50 建物 1 2 3 4