宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

平成15年 問5-2 抵当権

宅建通信講座メルマガ
【問題】
Aは、B所有の建物に抵当権を設定し、その旨の登記をした。Bは、その抵当権設定登記後に、この建物をCに賃貸した。Bの一般債権者であるDが、BのCに対する賃料債権を差し押さえ、その命令がCに送達された後は、Cが弁済する前であっても、Aは、物上代位権を行使して当該賃料債権を差し押さえることはできない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
Aは、B所有の建物に抵当権を設定し、その旨の登記をした。Bは、その抵当権設定登記後に、この建物をCに賃貸した。Bの一般債権者であるDが、BのCに対する賃料債権を差し押さえ、その命令がCに送達された後は、Cが弁済する前であっても、Aは、物上代位権を行使して当該賃料債権を差し押さえることはできない。

 

【解答】
×

【解説】

全体像を簡単に説明すると、債権者Aは建物の抵当権者です。そして、債務者Bはこの建物をCに賃貸しています。つまり、抵当権者Aは抵当権に基づいて「賃料債権」を差押えること(物上代位すること)ができるわけです。そのような状況において、Bに対して何らかの債権を有する一般債権者Dがこの賃料債権を差押えたわけです。この場合、判例では、「一般債権者の申立てによる差押え命令の第三債務者(C)への送達」と「抵当権設定登記の時期」の先後で、その優劣は決まるとしています。

つまり、本問では、Aの抵当権設定登記の方が差押命令の送達より先(前)なので、抵当権者Aが対抗力を持ちます(Aが勝つ)。つまり、抵当権者Aは物上代位権を行使して当該賃料債権を差し押さえることができます。

そもそも、問題文の状況は理解できましたか?何を問われているのか分かりましたか?

この2つが分かっていないと理解学習ができていないということです。

個別指導プログラム」では、理解学習ができるように分かりやすく図を付けて解説を作っています!宅建に合格するために理解学習は避けて通れない道です。予備校に通っていても独学でも関係なく理解学習は必須です!今一度理解学習ができているかどうかを自問自答してみましょう!

【判例】最高裁判所判決:平成10年3月26日
債権について一般債権者の差押えと抵当権者の物上代位権に基づく差押えが競合した場合には、両者の優劣は、一般債権者の申立てによる差押命令の第三債務者への送達と抵当権設定登記の先後によって決すべきである。


平成15年・2003年の過去問

問1 制限行為能力者 1 2 3 4
問2 停止条件 1 2 3 4
問3 物権変動 1 2 3 4
問4 共有 1 2 3 4
問5 抵当権 1 2 3 4
問6 抵当権 1 2 3 4
問7 保証 1 2 3 4
問8 債権譲渡 1 2 3 4
問9 民法その他 1 2 3 4
問10 瑕疵担保責任 1 2 3 4
問11 借家権 1 2 3 4
問12 相続 1 2 3 4
問13 借地権 1 2 3 4
問14 借家権 1 2 3 4
問15 不動産登記法 1 2 法改正のため削除 4
問16 国土利用計画法 1 2 3 4
問17 都市計画法 1 2 3 4
問18 都市計画法/開発許可 1 2 3 4
問19 都市計画法/開発許可 1 2 3 4
問20 建築基準法 1 2 3 4
問21 建築基準法 1 2 3 4
問22 土地区画整理法 1 2 3 4
問23 農地法 1 2 3 4
問24 宅地造成等規制法 1 2 3 4
問25 その他法令 1 2 3 4
問26 所得税 1 2 3 4
問27 登録免許税 1 2 3 4
問28 固定資産税 1 2 3 4
問29 地価公示 1 2 3 4
問30 免許の要否 1 2 3 4
問31 免許の基準 1 2 3 4
問32 免許 1 2 3 4
問33 取引士 1 2 3 4
問34 営業保証金 1 2 3 4
問35 宅建業法総合 1 2 3 4
問36 35条書面 1 2 3 4
問37 37条書面 1 2 3 4
問38 業務上の規制 1 2 3 4
問39 クーリングオフ 1 2 3 4
問40 業務上の規制 1 2 3 4
問41 解約手付 1 2 3 4
問42 保証協会 1 2 3 4
問43 媒介契約 1 2 3 4
問44 報酬 1 2 3 4
問45 35条書面・媒介契約 1 2 3 4
問46 住宅金融公庫 法改正のため省略
問47 不当景品類及び不当表示防止法 1 2 3 4
問48 統計
問49 土地 1 2 3 4
問50 建物 1 2 3 4