宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

平成15年 問12-3 相続

宅建通信講座メルマガ
【問題】
Aが死亡し、それぞれ3分の1の相続分を持つAの子B、C及びD(他に相続人はいない。 )が、全員、単純承認し、これを共同相続した。相続財産である預金返還請求権は、遺産分割協議が成立するまでは、相続人3人の共有に属し、3人全員の同意がなければ、その債務者に弁済請求できない。(改)

 

>解答と解説はこちら

【問題】
Aが死亡し、それぞれ3分の1の相続分を持つAの子B、C及びD(他に相続人はいない。 )が、全員、単純承認し、これを共同相続した。相続財産である預金返還請求権は、遺産分割協議が成立するまでは、相続人3人の共有に属し、3人全員の同意がなければ、その債務者に弁済請求できない。(改)

 

【解答】

【解説】

共同相続された預金債権は、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象となります。

例えば、AがE銀行に3000万円の預金を残して死亡した場合、3000万円の預金返還請求権は遺産分割の対象になり、遺産分割協議後に、協議で決まった自己の相続分について債務者(金融機関)に対して払戻請求をすることができます。
このように具体例があるとわかりやすくないですか?具体例で勉強することは理解学習の基本です!

具体例を用いて勉強すれば、「復習しても忘れてしまう・・・・」というのが少なくなってきます!

つまり、頭に定着すると言う事です!

是非、あなたも今すぐ具体例を用いた勉強をしてください!

テキストや予備校で教えてくれないのであれば自分で調べる!

でも、正直時間がかかりますよね?

私も独学の時すごく時間がかかって正直戸惑いました

それでも理解しないと合格できことは分かっていたので、続けました!

その結果一発合格できたんです!

時間はかかったけど、勉強した分、実力は伸びたので全く無駄ではありませんでした!

もしあなたが今、単に解説を丸暗記するだけの勉強をしているのであれば注意しましょう!

どれだけ勉強しても実力が上がらない可能性があります。

もし、調べるのが苦手と言うのであれば是非「個別指導プログラム」をご活用ください!

あなたは理解学習を実践することができ、さらには、合格も実現できるでしょう!

【判例】最高裁判所判決:昭和29年4月8日
相続人数人ある場合において、相続財産中に金銭の他の可分債権あるときは、その債権は法律上当然分割され各共同相続人がその相続分に応じて権利を承継するものと解すべきである。


平成15年・2003年の過去問

問1 制限行為能力者 1 2 3 4
問2 停止条件 1 2 3 4
問3 物権変動 1 2 3 4
問4 共有 1 2 3 4
問5 抵当権 1 2 3 4
問6 抵当権 1 2 3 4
問7 保証 1 2 3 4
問8 債権譲渡 1 2 3 4
問9 民法その他 1 2 3 4
問10 瑕疵担保責任 1 2 3 4
問11 借家権 1 2 3 4
問12 相続 1 2 3 4
問13 借地権 1 2 3 4
問14 借家権 1 2 3 4
問15 不動産登記法 1 2 法改正のため削除 4
問16 国土利用計画法 1 2 3 4
問17 都市計画法 1 2 3 4
問18 都市計画法/開発許可 1 2 3 4
問19 都市計画法/開発許可 1 2 3 4
問20 建築基準法 1 2 3 4
問21 建築基準法 1 2 3 4
問22 土地区画整理法 1 2 3 4
問23 農地法 1 2 3 4
問24 宅地造成等規制法 1 2 3 4
問25 その他法令 1 2 3 4
問26 所得税 1 2 3 4
問27 登録免許税 1 2 3 4
問28 固定資産税 1 2 3 4
問29 地価公示 1 2 3 4
問30 免許の要否 1 2 3 4
問31 免許の基準 1 2 3 4
問32 免許 1 2 3 4
問33 取引士 1 2 3 4
問34 営業保証金 1 2 3 4
問35 宅建業法総合 1 2 3 4
問36 35条書面 1 2 3 4
問37 37条書面 1 2 3 4
問38 業務上の規制 1 2 3 4
問39 クーリングオフ 1 2 3 4
問40 業務上の規制 1 2 3 4
問41 解約手付 1 2 3 4
問42 保証協会 1 2 3 4
問43 媒介契約 1 2 3 4
問44 報酬 1 2 3 4
問45 35条書面・媒介契約 1 2 3 4
問46 住宅金融公庫 法改正のため省略
問47 不当景品類及び不当表示防止法 1 2 3 4
問48 統計
問49 土地 1 2 3 4
問50 建物 1 2 3 4