宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

平成15年 問10-1 売主の担保責任 瑕疵担保責任

宅建通信講座メルマガ
【問題】
Aが、BからB所有の土地付中古建物を買い受けて引渡しを受けたが、建物の主要な構造部分に欠陥があった。Aが、この欠陥の存在を知って契約を締結した場合、AはBの担保責任を追及して契約を解除することはできないが、この場合の建物の欠陥は重大な瑕疵なのでBに対して担保責任に基づき損害賠償請求を行うことができる。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
Aが、BからB所有の土地付中古建物を買い受けて引渡しを受けたが、建物の主要な構造部分に欠陥があった。Aが、この欠陥の存在を知って契約を締結した場合、AはBの担保責任を追及して契約を解除することはできないが、この場合の建物の欠陥は重大な瑕疵なのでBに対して担保責任に基づき損害賠償請求を行うことができる。

 

【解答】
×

【解説】

建物の欠陥が重大な瑕疵であっても、瑕疵について、買主が悪意であれば、買主は瑕疵担保責任を追及することはできません。つまり、解除も損害賠償請求もできません。

※受験者を混乱させるために「中古の建物の主要な構造部分(壁、柱、床、屋根等)に欠陥があった」のような内容を追加しています。

キチンと理解していれば、ヒッカケ問題もどこでヒッカケているか分かるはずです!

本問を理解するには、まず、問題文を理解しましょう!ここでは詳しく記載していませんが、「個別指導プログラム」の解説では詳しく解説しています!また、何を質問されているかまで記載しています。理解学習ができていない方は「質問内容も理解できていない」場合がほとんどです

それでは、どれだけ勉強しても合格レベルに達することができないのは容易に想像できますよね!

だから、その点も解説しているわけです!理解学習は宅建合格の近道です!今すぐあなたも理解学習を始めて、苦しい勉強から解放されましょう!

ちなみに、瑕疵担保責任のポイントはキチンと頭に入れておきましょう!宅建業法との絡みもあるので非常に複雑に見えますが、それほど難しくはありません!

(売主の瑕疵担保責任)民法第570条
売買の目的物に隠れた瑕疵があったときは、第566条の規定を準用する。ただし、強制競売の場合は、この限りでない。


平成15年・2003年の過去問

問1 制限行為能力者 1 2 3 4
問2 停止条件 1 2 3 4
問3 物権変動 1 2 3 4
問4 共有 1 2 3 4
問5 抵当権 1 2 3 4
問6 抵当権 1 2 3 4
問7 保証 1 2 3 4
問8 債権譲渡 1 2 3 4
問9 民法その他 1 2 3 4
問10 瑕疵担保責任 1 2 3 4
問11 借家権 1 2 3 4
問12 相続 1 2 3 4
問13 借地権 1 2 3 4
問14 借家権 1 2 3 4
問15 不動産登記法 1 2 法改正のため削除 4
問16 国土利用計画法 1 2 3 4
問17 都市計画法 1 2 3 4
問18 都市計画法/開発許可 1 2 3 4
問19 都市計画法/開発許可 1 2 3 4
問20 建築基準法 1 2 3 4
問21 建築基準法 1 2 3 4
問22 土地区画整理法 1 2 3 4
問23 農地法 1 2 3 4
問24 宅地造成等規制法 1 2 3 4
問25 その他法令 1 2 3 4
問26 所得税 1 2 3 4
問27 登録免許税 1 2 3 4
問28 固定資産税 1 2 3 4
問29 地価公示 1 2 3 4
問30 免許の要否 1 2 3 4
問31 免許の基準 1 2 3 4
問32 免許 1 2 3 4
問33 取引士 1 2 3 4
問34 営業保証金 1 2 3 4
問35 宅建業法総合 1 2 3 4
問36 35条書面 1 2 3 4
問37 37条書面 1 2 3 4
問38 業務上の規制 1 2 3 4
問39 クーリングオフ 1 2 3 4
問40 業務上の規制 1 2 3 4
問41 解約手付 1 2 3 4
問42 保証協会 1 2 3 4
問43 媒介契約 1 2 3 4
問44 報酬 1 2 3 4
問45 35条書面・媒介契約 1 2 3 4
問46 住宅金融公庫 法改正のため省略
問47 不当景品類及び不当表示防止法 1 2 3 4
問48 統計
問49 土地 1 2 3 4
問50 建物 1 2 3 4