宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問44-4 重要事項説明書

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関して、
区分所有建物の売買の媒介を行う場合、一棟の建物の計画的な維持修繕のための費用の積立てを行う旨の規約の定めがあるときは、その内容を説明しなければならないが、既に積み立てられている額について説明する必要はない。なお、説明の相手方は宅地建物取引業者ではないものとする。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関して、
区分所有建物の売買の媒介を行う場合、一棟の建物の計画的な維持修繕のための費用の積立てを行う旨の規約の定めがあるときは、その内容を説明しなければならないが、既に積み立てられている額について説明する必要はない。なお、説明の相手方は宅地建物取引業者ではないものとする。

 

【解答】
〇 正しい

【解説】

区分所有建物の売買」の場合、「一棟の建物の計画的な維持修繕のための費用(修繕積立金)の積立てを行う旨」の規約の定めがあるときは、その内容を説明しなければなりません。

そして、「既に積み立てられている額」についても説明する必要があるので、この点が誤りです。

何を言っているかは個別指導で解説します!