宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

令和2年・2020年(10月試験) 問19-3 宅地造成等規制法

宅建通信講座メルマガ
【問題】
宅地造成工事規制区域内において、宅地以外の土地を宅地に転用する者は、宅地造成に関する工事を行わない場合でも、都道府県知事の許可を受けなければならない。

 

>解答と解説はこちら

【問題】
宅地造成工事規制区域内において、宅地以外の土地を宅地に転用する者は、宅地造成に関する工事を行わない場合でも、都道府県知事の許可を受けなければならない。

 

【解答】
× 誤り

【解説】

宅地造成工事規制区域内において、宅地造成に関する工事を「行う」場合、知事の許可が必要です。

一方で 宅地造成工事規制区域内において、宅地造成に関する工事を「行わない」場合、知事の許可は不要で、
転用してから14日以内に届出が必要です。

よって、本肢は「許可」が誤りで、正しくは「届出をしなければならない」です。