宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

登録した都道府県以外の県で宅建主任者として働けますか?

Q;

例えば、私が宅建試験に合格して、東京都で宅地建物取引士の登録をしました。
その後、実家のある神奈川県の不動産会社で取引士として働こうと思っていますが、働けますか?
また、変更などの手続きなどは必要ですか?

 

A:

もちろん働けます。宅地建物取引士として取引士証を持っていれば、全国各地の不動産会社で取引士として働くことができます。

転勤や転職などで、登録した県とは別の都道府県に移る場合も同様に、取引士としての事務を行えます。

手続きについては、「登録移転の申請」がありますが、別にする必要はありません。
宅建業法でも、してもしなくてもよいことになっています。(任意)
義務ではないですし、手続きに行くことが面倒なので、行わない場合が多いです。

 

登録移転の申請とは

転勤などで登録を受けている都道府県以外の都道府県の事務所に勤める場合、もしくは勤めた場合、登録の移転申請ができます。

※事務禁止処分を受けている場合は登録移転申請はできません。

登録移転の申請を行う場合、移転先の都道府県知事に対して行うのですが、
登録の移転を行うと、以前まで使っていた取引士証は使えなくなるため、移転申請と同時に取引士証の交付申請も行います。

Posted in 宅建Q&A, 宅建士

コメントはこちら

You must be logged in to post a comment.