宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

連帯債務者間の求償権【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

連帯債務者間の求償権

ア 連帯債務者の一人が弁済をし、その他自己の財産をもって共同の免
責を得たときは、その連帯債務者は、その免責を得た額が自己の負担部分を超えるかどうかにかかわらず、他の連帯債務者に対し、その免責を得るために支出した額(その財産の額が共同の免責を得た額を超える場合にあっては、その免責を得た額)のうち各自の負担部分に応じた額の求償権を有する。イ アによる求償は、弁済その他免責があった日以後の法定利息及び避
けることができなかった費用その他の損害の賠償を包含する。(民法第442条第2項と同文)

負担割合に応じて求償できる

改正前については、この内容が明文化されていませんでしたが、実際の宅建試験勉強でも判例として勉強してきた内容が明文化された形になりました。

連帯債務の場合、求償権が生じるのは、債務者の一人が自己の負担部分額を超えて弁済をしたかどうかに関わらず、負担割合に応じて求償権を生じると解釈されていました。これがそのまま明文化されました。そのため、新しく覚えなおす必要はないでしょう!

ただこの点は重要な部分なので、個別指導で細かく解説します!
得点源にもかかわらず理解不足により失点してしまうので注意が必要です!