宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

連帯債務者の一人に対する時効の完成【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

連帯債務者の一人に対する時効の完成

ア 民法第439条を削除するものとする。
イ 連帯債務者の一人についての時効の完成について、次のような規律を設けるものとする。
連帯債務者の一人のために時効が完成した場合においても、他の連帯債務者は、時効が完成した連帯債務者に対し、求償の請求をすることができる。

連帯債務者の一人に対する時効の完成が相対効になる

改正前の民法439条では、連帯債務者の一人について消滅時効が完成すると、他の連帯債務者については、時効完成した負担部分について債務が消滅する絶対効となっていました。しかし、今回の改正により、このルールが削除され、原則通り、時効完成が相対効となりました。

そして、他の連帯債務者は、「時効完成した連帯債務者」に対して求償請求ができることが明文化されました。

この改正については「免除」と同じですね!

このあたりはしっかり理解が必要なので、個別指導で細かく解説します!