宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

連帯債務者の一人による相殺【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

連帯債務者の一人による相殺

ア 連帯債務者の一人が債権者に対して債権を有する場合において、その連帯債務者が相殺を援用したときは、債権は、全ての連帯債務者の利益のために消滅する。(民法第436条第1項と同文)イ アの債権を有する連帯債務者が相殺を援用しない間は、その連帯債務者の負担部分の限度で、他の連帯債務者は、債権者に対して債務の履行を拒むことができる。

連帯債務における相殺は絶対効

相殺に関する絶対的効力に関する規定です。アは、改正前の民法と同じ内容です。
イが変更部分です。改正前は「その連帯債務者の負担部分についてのみ、他の連帯債務者が援用することができる。」とし、相殺を援用して、債務消滅の効力が生じるという解釈が可能でした。それを改正により、「あくまでも支払拒絶の抗弁ができるだけ」と変更しました。

連帯債務における相殺の絶対効:民法改正(履行を拒む)

例えば、債権者A(債権額100万円)と連帯債務者B・Cがいて、Bが「Aに対する100万円の反対債権」を持っていたとします。この場合、Cは「Bの反対債権」を使って「相殺をする」まではできず、Cは、「Bは反対債権を持っているんだから、私Cは、Bの負担部分50万円分については支払いはしません。」と履行(弁済)を拒むことができるというようになりました。

今回は細かく解説しましたが、個別指導はこのように事例を出しながら解説しています。しっかり理解をして、宅建試験に余裕で一発合格しましょう!