宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

自己契約及び双方代理等【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

自己契約及び双方代理等

  1. 同一の法律行為について、相手方の代理人として、又は当事者双方の代理人としてした行為は、代理権を有しない者がした行為とみなすものとする。ただし、債務の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでないものとする。
  2. 代理人と本人との利益が相反する行為(上記(1)本文に該当するものを除く。)についても、代理権を有しない者がした行為とみなすものとする。ただし、本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでないものとする。

自己契約及び双方代理の効果

原則として、自己契約や双方代理については、無権代理として扱います。

例外として、「債務の履行」及び「本人があらかじめ許諾した行為」については、無権代理としては扱わず、有効に成立します。

自己契約及び双方代理に該当しない利益相反行為

代理人が自己の利益を優先して本人の利益を害した場合(自己契約・双方代理に該当しない代理人の利益相反行為)、原則として無権代理となります。
ただし、例外として、本人があらかじめ許諾した行為については、無権代理としては扱わず、有効に成立します。

具体的な内容(試験に出そうな部分)については、個別指導で解説します。