宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

特定物の引渡しの場合の注意義務【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

特定物の引渡しの場合の注意義務

債権の目的が特定物の引渡しであるときは、債務者は、その引渡しをするまで、契約その他の債権の発生原因及び取引上の社会通念に照らして定まる善良な管理者の注意をもって、その物を保存しなければならない。

売買契約といった契約だけでなく、事務管理、不当利得、不法行為など、債務の発生原因を問わず、特定物の引き渡しがある場合、善良な管理者の注意義務(善管注意義務)が発生します。