宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

無権代理人の責任【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

無権代理人の責任

  1. 他人の代理人として契約をした者は、自己の代理権を証明したとき、又は本人の追認を得たときを除き、相手方の選択に従い、相手方に対して履行又は損害賠償の責任を負う。
  2. (1)の規定は、次に掲げる場合には、適用しない。
    ア 他人の代理人として契約をした者が代理権を有しないことを相手方が知っていたとき。
    イ 他人の代理人として契約をした者が代理権を有しないことを相手方が過失によって知らなかったとき。ただし、他人の代理人として契約をした者が自己に代理権がないことを知っていたときは、この限りでない。
    ウ 他人の代理人として契約をした者が行為能力の制限を受けていたとき。

無権代理人の責任

代理人において、代理権を証明した場合、又は、追認を得たとき以外は、(無権)代理人が相手方の選択に従い、行為の履行又は損害賠償をする責任を負います。

つまり、無権代理を行った場合、代理人の側に、代理権がある旨、又は、追認を得た旨の立証責任があり、その立証責任が果たされない場合、無権代理人は責任を負うということです。

無権代理人が責任を負わなくてよい場合

ア 相手方が「悪意」の場合

イ 相手方が「有過失」の場合、原則、無権代理人は責任を負わなくてよいが、無権代理人自身が代理権がないことを知って行った場合は、相手方が有過失でも、無権代理人は責任を負う

ウ 無権代理人が制限行為能力者であった場合