宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

弁済による代位の要件【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

弁済による代位の要件

  1. 債務者のために弁済をした者は、債権者に代位する。
  2. 民法第467条の規定は、1の場合(弁済をするについて正当な利益を有する者が債権者に代位する場合を除く。)について準用する。

任意代位と法定代位の違い

弁済による代位については「任意代位」と「法定代位」があるのですが、改正前の民法では、任意代位について、債権者の承諾が要件でしたが、改正後は、債権者の承諾は不要となりました。
そのため、任意代位と法定代位の違いは、法定代位は当然に代位するのに対し、任意代位の場合には、債権譲渡の対抗要件の備えなければ、債務者や第三者に対抗きないという点だけになりました。