宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

弁済による代位の効果【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

弁済による代位の効果

  1. 弁済による代位により債権者に代位した者は、債権の効力及び担保としてそ
    の債権者が有していた一切の権利を行使することができる。
  2. (1)の規定による権利の行使は、債権者に代位した者が自己の権利に基づいて債務者に対して求償をすることができる範囲内(保証人の一人が他の保証人に対して債権者に代位する場合には、自己の権利に基づいて当該他の保証人に対して求償をすることができる範囲内)に限り、することができる。

代位による効果

代位の効果について判例では、債権者が有していた原債権が担保とともに弁済者に移転するとしています。そして、弁済者は求償債権の範囲内で原債権や担保権を行使することになります。この点については、これまでと変わらないです。
理解すべき部分なので、具体例については個別指導で解説します!

共同保証人間の代位求償

そして、もし、保証人が複数の場合に、弁済をなした保証人は主債務者のみならず他の保証人に対しても求償権を有することになります。この場合、保証人は他の保証人に対する求償権については、その求償権の範囲内で代位をすることになります。この点は明文化されていなかったので、今回の改正により、明文化されました。