宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

反対給付の履行拒絶【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

反対給付の履行拒絶

  1. 当事者双方の責めに帰することができない事由によって債務を履行することができなくなったときは、債権者は、反対給付の履行を拒むこ とができる。
  2. 債権者の責めに帰すべき事由によって債務を履行することができなくなったときは、債権者は、反対給付の履行を拒むことができない。この場合において、債務者は、自己の債務を免れたことによって利益を得たときは、これを債権者に償還しなければならない。

当事者双方に落ち度がない場合どうなるか?

例えば、建物の売買契約が成立し、引き渡し前に、津波などの天災で建物(目的となる特定物)が滅失した場合、買主(債権者)は、代金の支払い(=反対給付)を拒むことができる

となりました。

債権者の落ち度によって、債務を履行することができなくなった場合どうなるか?

例えば、建物の売買契約が成立し、引き渡し前に、買主(債権者)が内覧中のたばこの不始末により建物(目的となる特定物)が滅失した場合、買主(債権者)は、代金の支払い(=反対給付)を拒むことができません。当然です。