宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

免責的債務引受の要件・効果【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

免責的債務引受の要件・効果

  1. 免責的債務引受によって、引受人は債務者が債権者に対して負担する債務と同一の内容の債務を負担し、債務者は自己の債務を免れる。
  2. 免責的債務引受は、引受人と債権者との契約によってすることができる。この場合において、免責的債務引受は、債権者が債務者に対してその契約が成立した旨を通知することによって、その効力を生ずる。
  3. 免責的債務引受は、引受人と債務者が契約をし、債権者が引受人に対してこれを承諾することによってもすることができる。

免責的債務引受とは?

債権譲渡が債権者の交代であるのに対し、債務者がそのまま引受人に交代するのが免責的債務引受です。債務がそのまま新債務者(引受人)に移転し、旧債務者は債務から免れます。

例えば、債務者Aが債権者Bから100万円を借りていて、その後、Cが免責的債務引受をすると、Aは債務者でなくなり、Cのみが債務者になります。その結果、Cのみが100万円の債務を負う形になります。

免責的債務引受の要件

①債権者と引受人との間で契約をし、債権者が債務者に免責的債務引受が成立したことを通知した時から効力が発生・・・債務者の意思に反してもよい
(上記事例のBC間で契約)

②債務者と引受人との間で契約をし、債権者の承諾を得たときから効力が発生する
(AC間で契約、ただし、Bの承諾を得たときから効力が発生)