宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

債権者代位権:債務者の取立てその他の処分の権限等【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

債務者の取立てその他の処分の権限等

債権者が被代位権利を行使した場合であっても、債務者は、被代位権利について、自ら取立てその他の処分をすることを妨げられない。この場合においては、相手方も、被代位権利について、債務者に対して履行をすることを妨げられない。

債権者代位権:債務者の取立てその他の処分の権限等【民法改正】

結論から言えば、債権者Aが債権者代位権を行使したからといって、債務者Bが自己の債権を行使できないわけではないということです。上図のように、債権者Aが50万円の取り立てをしても、債務者Bも同様に50万円の取り立てを行うことができるということです。そして、もし、AとBの双方がCに取り立てをしている状況で、相手方Cが債務者Bに50万円を弁済すれば、それで債務は消滅するので、Aは、その後、取り立てができなくなってしまいます。