宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

債権の消滅時効における原則的な時効期間と起算点【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

消滅時効の原則的な時効期間と起算点

債権は、次に掲げる場合には、時効によって消滅する。

  1. 債権者が権利を行使することができることを知った時から5年間行使しないとき。
  2. 権利を行使することができる時から10年間行使しないとき。

「債権者が権利を行使することができることを知った時から5年間」もしくは、「権利を行使することができる時から10年」で債権は時効消滅します。

通常の取引においては、契約の当事者は「権利を行使することできる時」を知っているので「知ったとき」と「権利を行使することができる時」は一致します。その結果、消滅時効期間は「5年」となります。結果的には多くの取引に係る債権については「5年」の消滅時効期間となると思われます。