宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

債務不履行による損害賠償とその免責事由【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

債務不履行による損害賠償とその免責事由

債務者がその債務の本旨に従った履行をしないとき又は債務の履行が不能であるときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。ただし、その債務の不履行が、契約その他の当該債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして債務者の責めに帰することができない事由によるものであるときは、この限りでない。

債務不履行に基づいて損害賠償請求ができる場合とできない場合

「債務の本旨に従った履行をしたいとき」と「債務の履行が不能であるとき」は、債権者は、債務不履行に基づいて損害賠償請求することができます。
ただし、例外として、債務不履行が、契約その他の当該債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして債務者の責めに帰することができない事由(債務者に落ち度がない場合)によるものであるときは、債務不履行に基づいて損害賠償請求はできません。