宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

保証債務の付従性【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

保証債務の付従性

  1. 保証人の負担が債務の目的又は態様において主たる債務より重いときは、これを主たる債務の限度に減縮する。(民法第448条と同文)
  2. 主たる債務の目的又は態様が保証契約の締結後に加重されたときであっても、保証人の負担は加重されない。

保証人の負担は主たる債務より重くなることはない

例えば、債務者Bが債権者Aから100万円を借りて、Cが保証人となったとします。この場合、AC間(債権者と保証人との間)で保証契約をするのですが、Cが保証すべき金額を200万円という風に主たる債務100万円より多く契約したとしても、当然に100万円に減額されますよ!ということです。

保証契約後に主たる債務が多くなった場合どうなるか?

例えば、債務者Bが債権者Aから100万円を借りて、Cが保証人となったとします。この場合、Cは100万円を保証するわけですが、その後、BがAが追加で50万円を借りました(追加融資)。そうなったとしても、Cは、当初の契約通り100万円を保証すればOK(追加の50万円は保証しなくてよい)ということです。

このように具体例を考えれば分かりづらい条文でも理解できますよね!?
これが宅建合格への王道です!

個別指導ではできるだけ具体例を使って、あなたを合格に導いています!

一緒に勉強して、一発合格しませんか?