宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

代理権授与の表示による表見代理【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

代理権授与の表示による表見代理

  1. 第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した者は、その代理権の範囲内においてその他人が第三者との間でした行為について、その責任を負う。
    ただし、第三者が、その他人が代理権を与えられていないことを知り、又は過失によって知らなかったときは、この限りでない。
  2. 第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した者は、その代理権の範囲内においてその他人が第三者との間で行為をしたとすれば(1)の規定によりその責任を負うべき場合において、その他人が第三者との間でその代理権の範囲外の行為をしたときは、第三者がその行為についてその他人の代理権があると信ずべき正当な理由があるときに限り、その行為についての責任を負う。

実際のところ代理権を与えていなかったが、代理権を与えた旨を表示し、その範囲「内」で他人が代理行為をおこなった場合

代理人に代理権は与えられていなかった場合(無権代理)でも、本人が代理権を与えたかのような表示をした場合、本人は相手方に対して、その表示した代理権の範囲内において責任を負います。

ただし、相手方が代理権が無いことについて、悪意・有過失の場合本人に効果は帰属しません

つまり、相手方が善意無過失の場合にのみ、本人に帰属します→相手方は善意無過失の場合に、表見代理を主張できる

実際のところ代理権を与えていなかったが、代理権を与えた旨を表示し、その範囲「外」で他人が代理行為をおこなった場合

上記同様、代理権があるかのような表示がなされた場合に(これを基本代理権として)、表示された(基本)代理権の範囲外の行為をしたこと場合も、上記同様、本人は相手方に対して、責任を負います。

ただし、相手方が代理権が無いことについて、悪意・有過失の場合本人に効果は帰属しません

つまり、相手方が善意無過失の場合にのみ、本人に帰属します→相手方は善意無過失の場合に、表見代理を主張できる

基本事項を理解していないと、なかなか理解しにくいかもしれないですね!

なので、個別指導では、基本事項からお伝えします!