宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

代物弁済【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

代物弁済

弁済をすることができる者(以下「弁済者」という。)が、債権者との間で、その負担した給付に代えて他の給付をすることにより債務を消滅させる旨の契約をした場合において、その弁済者が当該他の給付をしたときは、弁済と同一の効力を有する。

代物弁済は諾成契約

代物弁済契約が要物契約ではなく、諾成契約であり、代物を給付したときに債務が消滅します

例えば、債務者Aが、債権者Bから1000万円を借り、Aは弁済をする際に、お金を持っていなかったので、A所有の土地(評価額1000万円)で弁済するとします。
この場合、AB間で、代物弁済契約をし、その後土地を引き渡すことで、債務が消滅するわけです。