宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

債権者代位権:代位行使の範囲【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

代位行使の範囲

債権者は、被代位権利を行使する場合において、被代位権利の目的が可分であるときは、自己の債権の額の限度においてのみ、被代位権利を行使することができる。

債権者代位権の具体例

例えば、50万円の債権者Aが、債務者Bの第三債務者Cに対する100万円の
債権を代位行使する場合には、50万円の限度において許されます。つまり、債権者Aは50万円分を限度に「Bが有する債権」を行使できるわけです。