宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

主たる債務者の有する抗弁等【民法改正】

宅建通信講座メルマガ

主たる債務者の有する抗弁等

  1. 保証人は、主たる債務者が主張することができる抗弁をもって債権者に対抗することができる。
  2. 主たる債務者が債権者に対して相殺権、取消権又は解除権を有するときは、これらの権利の行使によって主たる債務者がその債務を免れる限度において、保証人は、債権者に対して債務の履行を拒むことができる。

これまでの民法では、主たる債務者が、債権者に相殺できる反対債権を持っている場合、保証人は、その反対債権による相殺を使って債権者に対抗できると規定していました。しかし、この改正前の民法では、相殺以外に関して、対抗できるかどうか明文化されていなかったわけです。この点について、改正後は、相殺に限らず、主たる債務者が有する取消権・解除権などを使って、保証人は履行拒絶ができることが明文化されました。