宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

不動産会社として成功するための重要な3要素とは?

宅建通信講座メルマガ

不動産会社(宅建業者)として成功するために、何に焦点をあてて考えないといけないのか?

今からお話する内容は経営の基本的な概念です。
しかしながら、不動産会社の経営者でこのことを意識しながら経営している方は少ないように思えます。
逆を言えば、この基本的な概念をしっかり実践していけば、個人の宅建業者であっても十分勝ち目があるということです。

考えるべきことはいたってシンプルです。
「誰に」対して「どんな価値」を「どのようにして提供」するか?これだけです。

1.誰に:ターゲットの明確化

2.どんな価値を:価値の明確化

3.どのように提供するか:価値の訴求方法

1.誰に:ターゲットの明確化

簡単に考えるために、家を誰かに売りたいと考えます。
その時に、この家を買うお客様はどんな客なのか?を具体的に考える必要があります。単にチラシを作って売るだけは売れません。

・年収はどのくらい?
・どの当たり住んでいる?
・家族構成は?
・どうやって通勤しているのか?
・車は持っているのか?

など詳しい自分物像をイメージして、そのターゲットに対して広告や営業をしないと売れないわけです。

そのためにも、ターゲットの明確化は行いましょう。

2.どんな価値を:価値の明確化

ターゲットを明確にしたら、そのターゲットが、売ろうとしている建物を買うことによってどんな価値が得られるのか?を考えることです。

駅が近ければ、通勤時間が短くなるし
大きな公園があれば、休みの日は家族一緒に公園で遊ぶことができます。
スーパーが近ければ、買い物も便利ですよね!

物件ごとに価値は異なるので確認していきましょう!

3.どのように提供するか:価値の訴求方法