宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

質権

宅建通信講座メルマガ

質権とは?

被担保債権を保証するために、債務者や物上保証人から「動産や不動産など」を受け取って占有し、弁済がない時は、それを売却するなどして、そこから優先的に弁済(優先弁済)してもらう権利をいいます。

例えば、AがBに1000万円を貸したとします。
(Aが有する貸金債権が被担保債権です。)
Aは100万円が返ってこないと困るので、B所有の建物に質権を設定もらいました。
(Aのために質権を設定してもらう場合、質権設定契約をします。)

A:質権者、B:質権設定者

という構図になります。

宅建:質権の具体例

質権設定できるもの

質権は、時計などの「動産」だけなく、「不動産」にも設定できます。

また、貸金債権などの「債権」に対しても質権設定できます。

これを債権質と言います。

質権の性質

質権は、「付従性」、「随伴性」「不可分性」「物上代位性」を有します。

たとえば上記例において、
債務者Bが1000万円を返せば、質権の被担保債権である貸金債権が消滅するので、それに伴って当然に質権も消滅します。(質権に付従性がある)

また、債権者Aが上記、貸金債権を第三者Cに譲渡し、建物(質物)もCに渡す(占有を移転させる)と質権も、Cに移転します。(質権に随伴性がある)

そして、債務者Bが借りた1000万円のうち200万円だけ返済したとしても、質権の一部が消滅するわけではなく、依然として建物全体に質権の効力が及びます。(質権に不可分性がある

さらに、建物が台風などで滅失してしまい、保険金がおりる場合、保険金が払われる前に保険金を差押えることで、その保険金から優先弁済を受けられます。(物上代位性がある

質権の効力

質権は留置的効力が、および、優先弁済的効力があります。

債権質

債権質とは、債権に質権を設定することです。
宅建:債権質の具体例

例えば、AさんがBさんに100万円を貸したとします。 すると、Aさんには「Bさんから100万円を返してもらう権利」が発生します。 この権利を債権(具体的には貸金債権)といいます。 その後、Aさんが金に困り、Cさんから借金(100万円)をしようとしたとします。 しかし、Cさんは、Aさんが返してくれないと困るので、担保をとろう(保証してもらおう)と考えます。

そこで、AB間の債権(つまり、Bさんから100万円を返してもらう権利)を担保にしてもらいました(質権を設定してもらった)
これでCさんは「Aさんから100万円を返してもらう権利」を担保として取得します。

もし、AさんがCさんに借りた金を返せなくなった場合、 CさんはAB間の債権に対する質権を実行します。 この場合CさんがAさんに代わってBさんから100万円を取り立てることになります。

これが債権質によって、優先弁済を得る流れです。


<h4″>債権質の対抗要件

「債務者Aから第三債務者Bへの通知」もしくは「債務者Bの承諾」

債権質の第三者への対抗要件

確定日付による「債務者Aから第三債務者Bへの通知」もしくは「債務者Bの承諾」

債権譲渡の対抗要件はこちら

債権質の取り立て時期

質権の目的物である債権が弁済期であり、かつ、CのAに対する債権も弁済期であること