宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

意思表示のポイント

宅建通信講座メルマガ

出題ポイント

意思表示 当事者間 第三者との関係
心裡留保 原則:有効
例外:相手方が悪意または有過失の場合は無効
善意の第三者には無効を主張できない
虚偽表示 無効 善意の第三者には無効を主張できない
錯誤 無効 善意の第三者にも無効を主張できる
詐欺 相手から詐欺を受けた場合、あとで取消すことができる
第三者から詐欺を受けた場合、相手方が悪意の場合のみ取消しができる
取消し前に第三者が現れた場合、善意の第三者には取消しを主張できない
取消し後に第三者が現れた場合、登記を備えた方が優先する
強迫 相手から強迫を受けた場合、あとで取消すことができる
第三者から強迫を受けた場合も取消すことができる
取消し前に第三者が現れた場合、善意の第三者にも取消しを主張できる
取消し後に第三者が現れた場合、登記を備えた方が優先する

心裡留保

心裡留保とは、契約する気持ちもないのに契約をすること。
つまり、冗談で契約をすること。

冗談で契約するとどうなるか?

冗談で契約した場合、原則、有効ですが、
例外として、相手方が悪意または有過失の場合は無効になります。

第三者が現れたらどうなるか?

A―→B―→C(第三者)

Aが冗談で土地をBにあげて、その土地をBがCに売った場合、Cはこの土地を有効に引渡してもらるか?
Cが善意(Aが冗談でBにあげたことを知らない)の場合は、CはAに勝って、有効に土地を引渡しもらえます。一方、Cが悪意(Aが冗談でBにあげたことを知っている)であったり、有過失(落ち度がある)の場合は、AがCに勝ち、AはBとの契約の無効を主張してCに土地を引渡さなくてよい。

 

虚偽表示

虚偽表示とは相手とグルになって(悪いことを考えて)、ウソの契約をすること。

契約したように見せかけて契約するとどうなるか?

例えば、Aが税金を滞納していたとします。
東京都はA所有の土地を差し押さえようとしています。
それは困るから、Aは友人Bとグルになって、その土地をBに売ったことにする。

この場合、AがBに土地を売った行為は「虚偽表示」に該当し、無効になります。

その結果、その土地はAに戻され、東京都は、土地を差し押さえるわけです。

第三者が現れたらどうなるか?

虚偽表示
A――――→B―→C

上記の例の後に、友人BがAを裏切ってCにその土地を売ったとします。
この場合どうなるのか?

Cが善意(Aが冗談でBにあげたことを知らない)の場合は、CはAに勝って、有効に土地を引渡しもらえます。

一方、Cが悪意(Aが冗談でBにあげたことを知っている)であったり、有過失(落ち度がある)の場合は、AがCに勝ち、AはBとの契約の無効を主張してCに土地を引渡さなくてよい。

錯誤

錯誤とは、勘違いをして契約をすること。
錯誤が成立すると、その契約は無効になります。

錯誤が成立する場合とは?

  1. 法律行為の要素に錯誤がある(契約の重要な部分に錯誤がある)
  2. 表意者重過失がない(表意者に錯誤があっても、相手方が悪意の場合、表意者は無効を主張できる。)

錯誤は、表意者は善意の第三者にも無効を主張できる

 

詐欺

詐欺とは騙すこと。

契約相手に騙されて契約をした場合、取消すことができる

第三者に騙されて契約をした場合、
相手方が騙されていることを知っていれば(悪意)、契約を取消すことができる
相手方が知らない(善意)場合は、契約を取消すことはできない

相手方が第三者に売ってしまったらどうなる?

「取消し前に相手方が第三者に売った場合」と「取消し後に相手方が第三者に売った場合」とで異なります。

取消し前の第三者

①売却
A――→B――→C(第三者)
②取消し

Aが詐欺を受けてBに土地を売却 → Bが第三者Cに売却 → Aが詐欺を理由に取消し

この場合、第三者Cが善意であれば、Cが保護され、Aは土地を取り戻ない(Cの勝ち)
一方、Cが悪意もしくは有過失であれば、Aは取消しを主張して、土地を取り戻せる(Aの勝ち)

取消し後の第三者

①取消し
A――→B――→C(第三者)
②売却

Aが詐欺を受けてBに土地を売却 → Aが詐欺を理由に取消し → Bが第三者Cに売却

この場合、先に登記を備えた方が勝ちます。
もし、Aが先に登記をすれば、Aは土地を取り戻せる。
もし、Cが先に登記をすれば、Cは土地の引渡しを受けられる。

 

強迫

強迫とは相手を脅して契約すること。

契約相手に脅されて契約をした場合、取消すことができる。

第三者に脅されて契約をした場合も契約を取消すことができる。

相手方が第三者に売ってしまったらどうなる?

「取消し前に相手方が第三者に売った場合」と「取消し後に相手方が第三者に売った場合」とで異なります。

取消し前の第三者

①売却
A――→B――→C(第三者)
②取消し

Aが強迫を受けてBに土地を売却 → Bが第三者Cに売却 → Aが強迫を理由に取消し

この場合、第三者Cが善意であっても悪意であってもでAは取消しを主張して、Aは土地を取り戻せる(Aの勝ち)

取消し後の第三者

①取消し
A――→B――→C(第三者)
②売却

Aが強迫を受けてBに土地を売却 → Aが強迫を理由に取消し → Bが第三者Cに売却

この場合、先に登記を備えた方が勝ちます。
もし、Aが先に登記をすれば、Aは土地を取り戻せる。
もし、Cが先に登記をすれば、Cは土地の引渡しを受けられる。