宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

囲繞地通行権

宅建通信講座メルマガ

囲繞地通行権とは?

相隣関係は、所有権が関わる「囲繞地通行権(いにょうちつうこうけん)」と建築基準法が関わる内容の大きく2つに分かれます。ここでは、囲繞地通行権について、ご説明していきます。

宅建:囲繞地の図
他の土地に囲まれて、他人の土地を通らなければ、道路に出られない土地があります。
このような土地を袋地(ふくろじ)といいます。
袋地を取得した者は、土地を囲んでいる他の土地に最も損害が少ない方法であれば、所有権を備えていなくても当然に通行することができます。
これが囲繞地通行権です。

通行方法

袋地の所有者は、囲繞地にとって最も損害が少ない方法を選んで通行しなければなりません。
また、通行に際して必要がある場合は、通路を開設することができます。

償金の支払い方

償金とは、上記、囲繞地を通行することにより、囲繞地の所有者が受ける損害金のことです。

袋地の所有者は、囲繞地の通行による償金を、囲繞地の所有者に支払わなければなりません。(1年毎に支払う)

共有分割により袋地が生じた場合の囲繞地通行権

宅建:共有分割により袋地が生じた場合の囲繞地通行権

上図は、AとBが共有する甲地を分割して、乙地をAが、丙地をBが所有することにより、もともと袋地がなかったにも関わらず、共有地の分割により、A所有の乙地が袋地になってしまいました。

このような場合、Aが、道路に至るまでの通行については、丙地(分割によって生じた囲繞地)しか通行することはできません。他の囲繞地は通行することはできません。

そして、この場合の通行料は無償です。

一部譲渡により袋地が生じた場合の囲繞地通行権

宅建:一部譲渡により袋地が生じた場合の囲繞地通行権

右の図は、Bが、甲地の一部をAに譲渡することにより、袋地(乙地)が生じた場合を表します。
この場合も、上記と同様、Aは、丙地(分割によって生じた囲繞地)しか通行することはできません。他の囲繞地は通行することはできません。

そして、この場合の通行料は無償です。