宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

占有権

宅建通信講座メルマガ

占有権は?

自分の物であろうがなかろうが、自分が利用するために物を自分の支配下に置いているときに、その物を支配することが認められる権利です。

例えば、他人物を窃取・詐取した場合、窃取・詐取した者は、所有権等がなくても、占有しているため占有権を有します。一方、窃取・詐取された者は所有権があったとしても占有権がない状態となります。

占有権の取得の要件

  1. 自己のために占有する意思を持っている
  2. 所持している

例えば、賃貸マンションについて所有権があるのはオーナーですが、実際に住んで自分のために賃貸マンションを占有している(所持している)のは賃借人なので、占有権があるのは賃借人となります。

※所持とは、客観的にみて、その物が特定の人の支配に属している状態を指す

自主占有と他主占有

所有の意思で物を占有する場合を「自主占有」といい、
所有の意思がなく物を所持する場合(他人の物を預かったり、借りたりする場合)を「他主占有」といいます。

例えば、AがA所有の建物をBに貸したとします。Bは賃貸借契約に基づいて建物を占有しているので所有している意思はなく、占有しているので賃借人Bの占有は他主占有です。

その後、BがAからこの建物を買い取った場合、Bは、自分の建物なので、所有の意思を持って占有することになるので、Bの占有は自主占有に転換されます。

自己占有と代理占有(間接占有)

占有者本人が自ら物を所持している場合の占有 を「自己占有」といい、
本人が他人(占有代理人)の占有を通じて取得する占有 を代理占有(間接占有)といいます。

例えば、AがA所有の建物をBに貸したとします。Bは実際に建物を所持しているので、Bは「自己占有」をしており、
AはBを通じて間接的に占有しているため、Aは「代理占有」をしている状況です。

占有訴権

占有訴権(せんゆうそけん)とは、占有権の妨害や侵奪がある場合、占有者が占有権の効力として、妨害や侵害を排除することを請求できる権利のことをいいます。占有訴権には「占有保持の訴え」「占有保全の訴え」「占有回収の訴え」の3つがあります。

要件 請求 提訴期間
占有保持の訴え 占有を妨害されたとき 妨害の停止および損害賠償請求 妨害の存する間またはその消滅した後1年以内
妨害が工事による場合、その工事に着手した時から一年を経過し、又はその工事が完成したときは、これを提起することができない。
占有保全の訴え 占有を妨害されるおそれがあるとき 妨害の予防または損害賠償の担保 妨害の危険の存する間
妨害が工事による場合、その工事に着手した時から一年を経過し、又はその工事が完成したときは、これを提起することができない。
占有回収の訴え 占有を奪われたとき 物の返還および損害賠償 占有を奪われた時から「1年」以内
善意の特定承継人
に対しては訴えを提起できない

本権の訴えと占有訴権の関係

所有権に基づく返還請求権などの「本権の訴え」と「占有権に基づく訴え」は別々に考えます。つまり、同時に訴えを提起することもできるし、別々に訴えを提起することもできます。