宅建のすべて 宅地建物取引士資格試験に関する情報を公開!

債権者代位

宅建通信講座メルマガ

債権者代位とは、債務者がもつ債権を債権者が代わりに使う(行使)する制度です。

債権者代位の具体例

今回の中心人物は債権者Aです。債権者AはBに2000万円を貸しました。
しかし、債務者Bは期限になっても、お金を返しません。しかし、調べてみると、Bは以前Cに1000万円を貸しており、その貸金債権(1000万円を返してもらえる権利)を持っていました。
そこで、Aは、BがCに取り立て(回収)に行かないのなら、私が代わりに取り立てにいくよ! っといって、Bの代わりに権利を行使します。
これが、債権者代位です。

ちなみに、
Aを債権者と、Bは債務者、Cは債務者Bの債務者なので第三債務者と呼びます。
また、Bを債権者と見ると、Cは債務者、Aは債権者の債権者となります。